暮らし/日常-57 安物靴の底が剥がれて

変人の暮らしと、少々毒のある雑観です.

□□□□□

秋が深まり涼しくなってくると、暑かった夏の日々が何故か懐かしく

思い出されます。


今年の夏は、特に暑かったせいか、あるいは、私が歳のせいなのか、

注意力散漫による恥ずかしい思い出を、街中に残してきました。


8月中旬、気温39℃の猛暑日でした。

大宮駅近くの歯科医院からの帰り、バス発着所に向かって、駅西口の

ペデストリアン・デッキを、ボンヤリした意識で歩いていました。


抜歯の麻酔がまだ少し効いており、抜歯の恐怖感もまだ残っていて、

さらに炎天が、薄くなった頭頂部に容赦なく灼熱を浴びせました。

気のせいか、歩くたびに景色が左右に少し揺れて見えてきます。

「これはヤバイ...気を引き締めて歩かねば...」と深呼吸しました。


57-1.jpg


 (註) JR.大宮駅西口のペデ

 ストリアン・デッキです.

 デッキ上は日陰がないので

 夏は非常に暑いです.




そして「大宮そごう」デパートの近くまで来た時、ハッとして処方箋

薬局に寄るべきことを思い出しました。

抜歯後の抗生剤と鎮痛剤を購入する必要があったのです。


「私の頭はまだハッキリしている」と、薬のことを思い出した自分を

誇らしく思いつつ、薬局まで戻ることにしました。

そして、ゆっくり振り返ると、5mほど先方に何やら見慣れたような

「足跡」が、歩道の上に残っているのが見えました。


妙に「足跡」に引き寄せられる気がしたので、近づいて見ると、何と

私の剥がれた靴底でした。

靴の底が、暑さのせいで剥がれたのです。


先ほどの歩くたびに景色が左右に少し振れていたのは、片方の靴底が

剥がれたので、左右の靴にの2cmの高低差が生じたのが原因でした。

靴底が剥がれたことに気付かずに、カッコよく歩いていた自分が急に

恥ずかしくなりました。


57-2.jpg


 かなり前から使っている、

 私の履き慣れた普段用の

 安価な靴です.

 靴底が剥離したら歩きに

 くいのですが、しばらく

 気が付きませんでした.



その時、突然に女性数人のけたたましい笑い声が響きました。

見ると、女子高生たちが私を指差して、笑いこけています。

近くにいた人たちは、私をチラ見しながら通り過ぎて行きます。


私は正気に戻り、急に恥ずかしくなって、剥がれた靴底を隠すように

しゃがみ込んで、靴紐を結び直すフリをしました。

そしてサッと靴底をハンカチで包み、肩掛けのバッグに入れました。


バッグが小さいので、チャックが閉まらず、靴底の先端がバッグから

はみ出て見えています。

これを腕で隠して、ソソッとデッキの階段を降りて隠れました。


デッキ下の陰で一休みし、大汗を拭いていると、暑さと恥ずかしさで

頭がクラクラして、貧血を起こしそうになりました。


57-3.jpg


 クッションが良いので

 気に入っていました.

 それが急に足裏が痛く

 なったのです.

 暑さで靴底の剥がれた

 部分に、砂利石がめり

 込んでいたのでした.



昨年の夏も、剥がれた靴底に気付かず、歩いていたことがあります。

その時も非常に暑い日、同じく歯科医院からの帰り、やっと拙宅近く

までたどり着いて、フラフラと砂利道を歩いていました。


暑い上に、治療の恐怖の余韻も残っていました。

砂利道で次第に足取りが重くなり、多少の痛みすら感じてきました。

突然、背後から女児が「ア...足跡が残ってる~」と驚いて叫びます。


振り向くと、部分的に剥がれた靴底の破片が、幾つか続いていました。

この辺りで妙に足の裏が痛くなったのは、靴底の暑さで剥がれた穴に

砂利石がめり込んで、足裏を強く刺激したのが原因でした。


暑い昼下がりでしたから、付近に人はいません(のようです)。

女児には「あんまり暑いから、道に足跡が着いちゃったね~」と意味

不明なことを言い、笑ってごまかして帰りました。


昨年と今年の暑かった夏の、恥ずかしい思い出の断片です。


201030

□□□□□

以下のサイトの画像を加工しています.

(註) グーグル「ストリートビュウ」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント