雑観/世相-42 演奏家の顔芸

変人の暮らしと、少々毒のある雑観です.□□□□□TVやネットのYoutubeで音楽の演奏に聴き入っている時は、私はその曲に合わせて、様々な情景を自由に思い浮かべています。故郷の景色や、懐かしい思い出、抽象的な映像など、様々なシーンと音楽の共演を、私なりに楽しんでいます。 しかし、途中で興醒めする時があります。演奏者、特にソリストに多いのですが、気の毒なほどに切なく悲しい表情を(演技で?)見せながら演奏する時です。  (註1) 終始この表情で演奏されると、 視聴に耐えられなくなります. 失礼な物言いして、彼女にも ファンの方にも申し訳ないの ですが、よく練習されてきた「顔芸」だと思います. □□□□□「そんなに辛くて悲しいのなら、無理して演奏しなくてもいいよ」と思って、曲を聴く余裕がなくなってしまうのです。 ピアニストの切ない表情は、ファンにとっては堪らない「芸風」かも知れませんが、私には余計な「見せ方」なのです。却って雑念が湧いてきて、聴きたい気持ちが失せてしまいます。 この「顔芸」を見て、「このピアニストは"痔"を患っていて辛いのかな...」と揶揄気味に思うこともあります。 終始無表情だったり、ヘラヘラして演奏されるよりマシなのですが、痛々しい表情を見せられると、私まで辛くなって、自由にイメージを楽しむことができなくなるのです。  (註2) 歓喜の曲想の場合は、どの ような満面笑顔になるのか、 想像してしまって、演奏を 聴く余裕が無くなります. □□□□□演奏者を見ながら…

続きを読む