雑観/世相-43 「La vie en rose」

変人の暮らしと、少々毒のある雑観です.□□□□□女房と中二のオマセの孫娘が、シャンソンの話をしていました。エディット・ピアフの唄う「バラ色の人生」が話題になり、「人生がバラ色に見えるってこと...素敵ね...」で盛り上がっていました。 私も、別の意味ですが、その曲は好きです。ピアフの唄を聴くと、気分がバラ色になるどころか、私は逆です。男と女が愛し合う深層に、深い隔たりと哀愁を感じます。  (註1) ピアフの写真には、刹那的な 華やかさと、切ない孤独感が 同時存在しているような気が します. □□□□□「La vie en rose」は、エディット・ピアフ(Édith Piaf/1915-1963)が、1946年の「パリ開放」直後に発表した唄です。ピアフ(Piaf)は「小さな雀」という意味の愛称、本名は、エディット・ジョヴァンナ・ガション(Édith Giovanna Gassion)です。 「La vie en rose」は彼女の作詞作曲ですが、登録手続き不備のため、作曲者にルイ・グリェーミュ(ルイギ)の名を借りています。 当初は、作曲をマルグリッド・モノー(「愛の讃歌」の作曲者)に依頼しましたが、歌詞が「くだらない」という理由で拒否されています。 どうして、ピアフの歌詞が「くだらない」のか...。実は、歌詞は、ピアフとイヴ・モンタン(Yves Montand/1921-1991)との愛欲生活の赤裸々な状況を説明する内容なのです。これがモノーが不評とする理由であ…

続きを読む