暮らし/日常-59 自治会の役員になりたい

変人の暮らしと、少々毒のある雑観です.

「オレガ」夫婦の奇行を、ある助言により記録しています.

不快に感じられた方には、お詫びします.

□□□□□

5月下旬、静かな夕暮れ時、パソコンの前で考え込んでいる時、外で

男性二人の相談する声が聞こえてきました。

最初はヒソヒソ声でしたが、次第に大声になってきたのです。


二人とも聞き覚えのある声です。

隣家の「Nm」が、「オレガ」に何かを懇願している様子でした。


「Nm」は、揉み手をしながら「オレガ」親分の後をついて行く忠実

な子分ですから、私への嫌味な態度も親分そっくりです。

何かの宗教の熱心な信者ですが、男らしくない卑屈な生き方です。


彼らの立ち話は、夕暮れの静かな道端ですから、よく聞こえます。

「Nm」...半泣き調の甘えた声で「自治会の班長はイヤですぅ~」。

「オレガ」...「そうかそうか...ヨシヨシ。オレに考えがあるからな。

アンケートをな...」


59-1.jpg


 AY自治会には490世帯が

 参加しています.

 最近は、転入してきても

 入会しない世帯が多く、

 空家も増えました.



□□□□□

ここまで聞こえてくれば、後の話の内容は、もう見当がつきますし、

聞いてて気持ちの良いものではありません。

窓を閉めて、パソコンの続きに集中しました。


「オレガ」は、自治会の役員になりたくて仕方がないのです。

班長役は順番に廻ってきますが、「オレガ」は会長や副会長の経験は

まだないのです。


「アイツ(私のこと)は副会長をやったことがあるのに、オレにはまだ

廻ってこない、...悔しい」と何度か言っていました。


そして「オレガ」が時々口外する「オレはミンナに感謝されとる」の

優越意識を具体化するためにも、自治会の会長・副会長になりたくて

仕方がないのです。


59-2.jpg



「クロス集計」しても、意識の

 深層を探すような項目編纂では

 なさそうです.

 最後の自由記述欄に、自治会の

 在り方を再考する有効な意見が

 集まりそうに気がしました.




□□□□□

自分が自治会の会長・副会長になるためには、役員の輪番制を廃止し

立候補制にする必要があります。


役員は、高齢や仕事の都合で、請けたくない人が多いのが実情です。

ですから、立候補制にすれば、「オレガ」は「自分が人(子分たち)に

推されて仕方なく立候補した」と言い、自家菜園の野菜を配って集票

することができるのです。


自治会役員を立候補制に変更するためには、役員を請けたくない人が

多い現実を全会員に確認させて、自治会の会則を一部改変する気運を

高揚する必要があります。


その方法として、執行部にアンケートを実施させようという訳です。

これを忠実な子分の班長「Nm」に、執行部に働きかけさせるために、

「Nm」宅の玄関前で、「オレガ」が説得していたのでした。


59-3.jpg

 役員になりたい3%の中には

 「オレガ」は必ずいます.

 「自治会は必要ない」という

 9%の中には私もいます.

 価値観を変えて、存在意義を

 見直す時期だと思うからです.



□□□□□

「Nm」の懇願や「オレガ」の他の子分たちの後押しもあり、執行部

はアンケート実施の準備を始めました。

以前から退会者が続出していたし、昨今はコロナ禍により活動を停止

していたので、執行部は自治会の在り方を見直そうとしていた時でも

あったのです。


アンケートは、その目的を明確にし、目的の解析に導くための項目を

編纂する必要があります。

そして、アンケート結果は、概略を知る「単純集計」だけでなくて、

属性別の特徴を把握するために「クロス集計」を行うのです。

ですからアンケートは、そう簡単に実施できるものではないのです。


しかし、所詮は素人の組織、自治会は「クロス集計」で会員の意思の

深層を分析しようとは考えていないようでした。


7月下旬、アンケート・イベントは実施されました。

「オレガ」は「オレガ自治会を動かしたんだ」と自慢していました。


59-4.jpg


 最初の行は私の意見です.

 今までの「嘆願書」やアン

 ケートの類は、経緯や結果

 も知らされなかったので、

 反応を求めたのです.




□□□□□

数年前にも、「オレガ」が自治会を煽動したことがありました。

集中豪雨により、この付近一帯が冠水した時です。

区役所の職員がこの辺りを視察し、道路に消毒液を散布しました。


しかし「オレガ」は、区役所に「嘆願書」を出すよう自治会執行部に

強く注文しました。

地域の冠水被害を見て欲しい、という趣旨の「嘆願書」です。

既に区役所の職員は視察を済ませているのですが、何故か「嘆願書...

嘆願書...」と大騒ぎし、全会員の署名捺印を集めました。


私は、区役所は既に視察して道路消毒を済ませているのに、何で今更、

住民が「被害状況を見てくれ」と「嘆きながらお願い」してくるのか、

理解できないだろうと思いました。

私なら「役所をボンクラ扱いにするんじゃない!」と怒るところです。


私がこれを班長に言おうとしましたが、右へ倣え主義の女房が激しく

止めたので、思い留まりました。


その後、区役所から何の音沙汰もなかったようだし、自治会執行部も

結果を会員に報告することはありませんでした。

ただ「オレガ」だけが「オレガ全世帯の署名捺印を集めさせたんだ」と

元気よく付近に吹聴して回り、非常に満足していました。


今回のアンケートも、執行部役員への立候補の足掛かりだけでなく、

自治会を誘導したことの満足感も欲しかったようです。


59-5.jpg


 意味なく大袈裟な用語を

 使って、アンバランスな

 表現の文言は「オレガ」

 らしい言い回しです.

 集計した会長も苦笑い

 したと思います.



□□□□□

アンケート用紙の最後に「自治会への意見」を記入する欄があります。

私は「集計結果、分析結果、将来の方向性」の開示を希望しました。


10月中旬、アンケートの集計結果が回覧されてきました。

予想した通り、分析はなく、「単純集計」の結果だけでした。

それでも、集計は大変な作業だったと思います。


「自治会への意見」の欄には、私の意見が最初に揚げてありました。

「キチンと開示したよ」と応答したつもりでしょう。


一目で分かる、「オレガ」特有の言い回しの意見もありました。

「役職数を見直し、順番制を止め、立候補、くじ引きにして会員の人

権尊重をしてほしい」


「立候補」と「くじ引き」は意義の異なるので理解できません。

それが「人権尊重」に繋がるという意味も分かりません。

場合によっては、自治会役員の連番制による選出は、「人権」を無視

した方法である、と言っているように聞こえます。


それはともかく、「オレガ」は役員選出に際して、自分が選出される

ための「立候補制」を強く求めていたのでした。


59-6.jpg

 自治会が行政とのパイプ役を

 担うという大義名分に対する

 疑問、自治会の存在意義への

 疑問が提示されています.

 私は「自治会」の名称に戦前

 の名残があるように思います.



□□□□□

アンケート集計結果を開示した後、地域には何の反応もありません。

しかし、アンケートを実施しましたから、多数意見の集約だと称して、

輪番制に代わる役員選出方式、立候補制が始まるかも知れません。


ウソでも何でも言って工作する「オレガ」夫婦ですから、「オレガ」

の目論む方向に動くだろうと思います。


10月下旬、会長の「Yi」氏が、班長の「Nm」を訪ねてきました。

会長は「次年度の役員は...順番は...立候補は...」と尋ねていたようで

したが、間もなく辺りを見廻ってすぐに帰りました。


この付近でアンケートに回答したのは「オレガ」と私だけですから、

「立候補制」を要求したのが誰かは、すぐに分かります。

会長は、「オレガ」が立候補の活動を始めたのかどうか気にかけて、

「Nm」に尋ねていた様子でした。


最近は「オレガ」は、菜園で獲れた野菜を自転車に山盛りに乗せて、

近隣にセッセと配り回っています。


会長は、その様子を見たのか、噂を聞いたのでしょう...。

用心深い人ですから、運営への影響を心配したのかも知れません。


面倒な地域です...。


201230

□□□□□

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント